K's Atelier

個人的な学習記録

クラウドのサービスに感じる既視感

クラウドはもう伸びない - orangeitems’s diary

あー,クラウド収束の要因としてこの視点(もう移行するものがない)があった。

クラウドのシェアの一つには,オンプレからの「乗せ換え」需要がある。これは間違いなくその通り。なので,「取りあえず安い方に乗り換えました。おしまい」で終わってる企業がほとんどなのではないか。それって,考え方,概念はそのままで,やり方が変わっただけではないか。

 

私はAWS Lambdaを見たとき,往年のRDBMSの「トリガー」を思い出してしまった。「何かが更新されたタイミングで関数が動きます」というコンセプトは同じだからだ。違いは,「DB以外も同じ仕組みでトリガーできます」ということなんだが,それってメインフレームでもメッセージキューを挟んでやっていたような・・・。なので,AWS LambdaはRDBMSのトリガーと同じ経過をたどって収束すると感じる。

 

そもそもクラウドのサービスのほとんどは,顧客が「いまスクラッチ開発でこれ運用してるんだけど,マネージドにできない?」というのを取り込んで出来ている。

 

> 例えば、当社が AWS で構築するものの 90% は、お客様から重要であると教えていただいた事項に基づいて推進されています。

顧客中心のイノベーションの必要性 | AWS Executive Insights

 

顧客が全く新しい新機軸を打ち出さない限り,

「オンプレからクラウド」は,

「アンマネージドからマネージド」というより,

メインフレームの機能がオープンシステムでもできるようになりました」

で止まってしまうのではないか。

 

顧客が生活の仕方を変えれば良いのかもしれないが・・・

Resolve VPC routing conflicts

終結

AWS Builder LabsのLabの一つ「Resolve VPC routing conflicts」

複数のVPCがある状況でVPCピアリングを設定し,適切にルートテーブルを設定するというシナリオ。最初はLoad Balancerの先のターゲットがunhealthyになっている。

このLabは手順が完全には示されていない。

「こんなところを調べてみてください」というヒントがあるのみ。

こういうのはトラブルシューティングの良い訓練になる。

 

AWS Industry Quest

I've finished the first task.

すっごく面白い。

会社の従業員になって,AWS Engineerとして会社の課題を解決する,というもの。Labに物語性を追加するだけでこんなに面白くなるとは思わなかった。自分が研修を設計するときにも,受講者には「要件定義コンサル」として仮想プロジェクトの中で活動してもらったりするのだが,まさにそういう仕組みを作っている。

Lab環境が後ろで動作しているので,SageMakerなどはかなりの時間待たされる。とはいえ待ち時間にドキュメントを読み進めているのでそこまで待たされる感覚はない。

そのうち,現実の業務タスク自体もこういった形で与えられることになるんだろうか。AWSの中で閉じた作業であれば,Questの環境で実行できても不思議ではない。

AWS資格対策本

AWSサービスの概要の確認のため,AWS資格対策本を眺めてみた。

以下の2冊は,Well-Architectedの話と合わせてサービスを紹介している。単にサービスを覚えるのではなく,設計のベストプラクティスと照らし合わせて,何の観点ではどちらを選択するのが良いか,を考える参考になる。

Solutions Architectはセールスマンではないので,「それはやらない方がいいですよ」という話を技術的に行える必要がある。

書籍なので,最新の仕様はあらためて確認しないといけないのだが,それは書籍を使わなくても同じ。最終的には動作確認が必要だ。

 

 

 

 

AWS関連本

単なるここ最近読んだ本のメモ。

 

frontendの扱いの参考にしよう,と思って読んだ。実際にはfrontendの具体的設計は入っていなかったのだが,Amplifyのきっかけをつかめた。サンプルアプリを題材にアーキテクチャの変遷をたどっているので読んでいて「設計を体験している」感がする。

 

サーバーレスの「運用周り」の話が載っている。Lambdaのような細かい部品の集合体は,作るのは簡単でも運用保守を気を付けないととんでもないことになる。こういうテーマの書籍がもっと充実してほしい。

 

講師準備をしている中で先達の「公式ドキュメントを参照すべき。市販書籍は間違いがあるので参考にできない」との言葉を見て,なんとなく市販書籍を敬遠していた・・・のだが,公式ドキュメントも相当の間違い,更新漏れがある。盲目的に「公式ドキュメント見ろ」ということもないだろう。

全体像を把握したうえで,公式ドキュメントに立ち返るようにした方が効率がよい。